スポンサードリンク

チケットぴあ

b281

チケットぴあを上手に使いこなすコツとは・・・・

オンラインプレイガイドのパイオニア、チケットぴあ。
いままで培ってきたノウハウを活かし、イープラスやローソンチケット
とはひと味違った特長がユーザーから好評を得ています。

 

チケットぴあの強みを3つ挙げてみたいと思います。

チケットぴあ|スポーツイベントに強い

2017年2月に札幌で開催されるアジア大会冬季大会。
2020年の東京オリンピックを前にした大きなスポーツ国際大会の
ひとつですが、この大会のオフィシャルチケット販売システムを
委託されているのがチケットぴあ。

 

チケット販売自体は、一社に偏ることのないよう他社でも
扱っていますが、大会のオフィシャルチケット販売サイトはぴあに
委託されていると明記されています。

 

それだけ自治体や国からの信頼度は高く、おそらく今後の国際的
スポーツ大会もそのポジションは変わらないはずです。

 

2019年のラグビーW杯、2020年の東京オリンピック・パラリンピックでも
優先的な位置を占めるのが確実視されています。自分の思い通りのチケットを
手に入れるためには、なるべく今からチケットぴあの座席配分のクセや
先着順の場合のルートなどを確かめておきましょう。

 

発券システムの基本的な部分はそんなに頻繁に変わらないので、
今のうちからチェックは怠らないようにしましょう。
スポーツファンはチケットぴあの使いこなし術あ、必須です。

チケットぴあ|電話受付サービスが充実

まだインターネットが普及する前からプレイガイドサービスの
実績を積んできたチケットぴあ。

 

当初はプッシュ回線のトーンで公演やチケットの種類を指定していました。
スマホを毎日肌身離さず持っている人にとっては、今どき電話って、どうよ?
と思うかもしれませんが・・・・

 

電話申し込みとスマホ入力、場合によっては電話での会話のほうが
早い場合があるのです。

 

チケットぴあは、これまで培ってきたノウハウがあるので、ユーザーの
受け入れ(通話のはじまり)からクロージング(チケット購入完了)までが
とてもスムーズ。

 

一度、騙されたと思って電話でチケットに関するお問い合わせをしてみては
いかがでしょうか。

 

オペレーターの対応力に、他のチケットサービスとの違いを肌で感じられる
と思います。

チケットぴあ|リアル店舗がある

スポーツに強い、電話受付のノウハウがある、に加えてリアル店舗があるのも
チケットぴあの特長のひとつ。

 

昔のプレイガイドのように小綺麗にデザインされたチケットがガラス越しに
並んでいるわけではありませんが、それでも店舗としての雰囲気は十分に保っています。

 

その多くはCDショップや書店への委託になっていますが、デパートや
ショッピングモールの一角に、チケットぴあの看板を見た人もいるかと思います。

 

チケットポートという名称で展開されているリアル店舗で、スペースは十分とは
いえないものの、昔のプレイガイドの雰囲気を継承しています。

 

コンビニエンスストアを基盤とするチケットサービス会社は、すべてをコンビニで
済ませるワンストップサービスを考え方の柱としますが。

 

老舗のチケットぴあには、アナログ時代の感覚がまだ残っているので、
リアル店舗の可能性を追求しているといえるでしょう。

 

考えてみれば、コンサートや舞台にお金を払う人たちは、ライブに
意義を見出している人たち。

 

もし、リアル店舗のみ取扱いのチケットがあったとしたら、喜んで
並んでしまうタイプかも。

 

時代の流れがリアル店舗回帰となれば、真っ先に実力を発揮できるのは
チケットぴあかもしれません。

 

商品一覧

商品詳細

b281